top of page
  • 執筆者の写真大久保祐一

子供の走りが速くなる!3つのこと


楽しそうに走り方の練習をする子供


結論:

①かかとを浮かせてつま先

②膝前に!

③回転はやく!





①かかとを浮かせてつま先

(正確には母指球)


うまく走れなかったり、走り方のおかしい子は「かかとがついてしまっている」場合が多いです。

ドタドタした走りになり、地面からの力(反発)をうまく走りにつなげれていません。。


かかとがつくと、ブレーキをかけながら

走っているようなもの・・


かかとを浮かせて

「つま先(正確には親指の付け根の丸いところ 母指球と言います)」

で走ること


この時ポイントとなるのが

「体まっすぐにして」

「ポン!ポン!と弾むような」

感覚です。


体まっすぐ・つま先・ポンッポンッ!

縄跳びのように、弾む練習が効果的です。







②膝前に!

ももを引き上げることが大切です。

ただ、そこだけを意識するとぎこちない走りになってしまいます・・


「膝を前に突き出す!」と声かけをすることが多いです。


スピードに乗りながら、ももを引き上げることができます!


以下の練習が効果的

1.ももをあげながらポン!ポン!と弾む

2.できるようになったら、足を入れ替える!

 ポン!ポン!パ!と入れ替える


かけっこが速くなるトレーニングの例


③回転!回転!

スピードに乗るために、これがとっても大切です。

膝を前につき出しながら、

ギュンギュンギュン!!と回転させる!


そのためにも腕振りが大切。


肘を曲げ、肩から楽に振ると

足の回転にもつながります!






アドバイスするときにも役に立つ


子供に走り方のアドバイスをするときにも

この3つのポイントができてるか見ます。


・つま先

・膝前

・回転(腕振り含む)


走り方がぎこちない子

遅い子は

このどれかができていない場合多いです。


どこができていないか見て

→そこをアドバイス


で少しずつ改善していきます。







まとめ

①かかとを浮かせてつま先

②膝前に!

③回転はやく!


走り方は筋力などの要素もあり、

長く練習を続けることが大切です。


このポイントを常に意識して

練習してみてください。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page