top of page
  • 執筆者の写真大久保祐一

”男の子”伸ばす2つのポイント







結論:

①”男の子”の特性を受け入れる

②おさえつけるのではなく、導く







男の子という生き物について |




先日、こんなことがありました。




ジャンプの指導で「ゴムとび」を行った時のこと。


「走ってきて、ゴムひもをジャンプ!

足を上に引き上げることが大事!

前後の足をしっ借り引き上げるのがポイント!」 


その説明の途中でした。





言い終らないうちに、ある男の子が全力ダッシュ!

果敢にゴムひもを跳びこそうと突っ込んできました。






また。こんなこともありました。




走り方のフォーム練習をした時のこと。

「ポイントは

①背中まっすぐ

②膝を前につきだす

③… 」  説明の途中でもある男のはウズウズしているのがわかります。






よーい、、どん!でダッシュするのですが、よーい、、の時点で

ウズウズはピークに。走りたい!動きたい!衝動がみてとれます。






私の「スポーツレベルアップ教室」は男の子の割合が若干多いです。

そんな彼らをみて感じること、

それは






①まず体を動かしてみて試してみたい!

②一番になりたい!認めてほしい!






男の子は、これらの基本があるのかなと感じる場面が多いです。



もちろん、個人差はあり、いろんな男の子はいますが、

多くの男の子を持つ親御様は

思い当たるところがあるのではないでしょうか?







ルールを”破る”のではなく、”破ってしまう?” |





ゴムとびの先走った子も、よーい、、でフライングしちゃう子も

男の子の特性を受け入れれば、ある意味納得がいきます。





ウズウズが抑えられないのです。

耳で聞き、理解しようとする前に、体が勝手に動いてしまうのです。





試したい!できた僕を認めてほしい!




そんな衝動が抑えられないところがあるのです。







特性を受け入れればかわいく見れる? |



そんな男の子の特性を受け入れて、

改めて男の子の行動を見ると、

ほほえましくも見えます。




行動原則がわかると、指導や普段の生活でも、


一歩引いた目で見ることができるかもしれません。


それが、余裕となり、

その子を正しく伸ばす声かけになればいいなと思います。




とはいえ、男の子って大変ですよね!




私も4歳の男の子がいるので、よくわかります。


彼も戦いが大好きです。

常に何か架空の敵と戦っているようです。

オリジナルの必殺技をくらわせてます。



親がしてほしくないこともたくさんします。




そんな時、声を荒げる前に、5秒深呼吸して


「男の子ってこんな生き物」

「守りたくても体が勝手に動く」


そんなことを思い出し、




×おさえつける

◎本当に正しい声かけをする




ようにできればいいなと感じます。





押さえつけるのではなく導く |




コラー!何回言ったらわかるんだ!


そういいたい気持ちはめちゃくちゃわかります。


毎回のしかし、毎回の出来事となれば、

本当にそのやり取りは男の子の心に響いているのでしょうか?





大切なのは男の子の特性を利用することかと思います。




彼らは


①まず体を動かしてみて試してみたい!

②一番になりたい!認めてほしい!


と強く思っています。





私はこうしてます!

教室では、

 

・見本をお願いする


・”かっこいいお兄ちゃん”

 になれるかなと意識


・ライバルと切磋琢磨


・わざレベル1、2、3を明確にして挑戦


・できないではなく”できた”ところを認め

 プライドをくずさない


 


など意識しています。



大切なのは男の子のプライドをくすぐることかと思います






男の子は誰に認めてほしいのか |



それは、


お母さんだと思います。


教室でも、何かできたとき、チラチラとお母さんのほうを見る子が多いです。




他の誰よりもお母さんに認めてほしいのです。

そんなお母さんが、彼らのプライドをくすぐり、

正しい声かけをすると、

さらに男の子は可能性を伸ばすと感じます





✕自尊心やプライドを下げる、押さえつけた声かけ


〇自尊心やプライドを立てる、前向きな声かけ




少しでもお役立ていただければ幸いです。






まとめ |




結論:

①”男の子”の特性を受け入れる

②おさえつけるのではなく、導く





0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page