top of page
  • 執筆者の写真大久保祐一

必ずできる!子供の側転 練習方法

更新日:1月26日


側転をかっこよくする野々市教室に参加している小学生の女の子

体育のマット運動の授業でも必ず出てくる「側転」(正しくは「側方倒立回転」と言います)。



見た目もかっこよく、あこがれる子も多い技です。



一般的な体操教室でも必ず練習する技です。



私の体操教室である「スポーツレベルアップ アカデミー」のマット運動でも練習します!一つの目標となる技で、これができると、「ロンダート」や「補助付きバク転」にもつながっていきます!





側転のポイント


実際に体操教室を指導するうえで、とても大切だなと感じる側転のポイント、


それは…



・手に身体を乗せる!


・足を上げる!(目標は倒立の形)


・手、手、足、足のリズムをつかむ!


・勢いよく足を振り上げる!


です。






必ずできる!側転 練習法


実際に、私の「スポーツレベルアップ アカデミー」でとても効果のあった側転 練習方法をご紹介します!


最初は、


手に体重が乗せれない・・

手足をつくリズムがつくれない・・



という子が多かったのですが、このやり方で、ほぼすべての子が

「手に体重を乗せる感覚」「側転のリズム」をつかむことができました!!





ステップ①

手~、足足

目的:手に体重を乗せる感覚をつかむ!



側転の練習方法ステップ①手~、足足の見本をする大久保先生

床のラインを活用します(もしラインがなければ、床の境目などを目印にします)。


足を前後に開きます。

ラインに手のひらをつきます。

後ろ足を振り上げ、前足で地面をけります。

手に体重を乗せます(手~に乗る時間をできるだけ長くするように意識します。)

前足、後ろ足の順に地面につけます。


※どちらかの足を前に出すかは、両方行ってみて、やりやすいほうを探してみてください。


それにより側転の方向が決まります。





ステップ②

手・手・足・足

目的:側転のリズムをつくる!



側転の練習方法ステップ②手・手・足・足の見本をする大久保先生


前足のほうの手をラインの「手前」につけます。

後ろ足のほうの手をラインの「」につけます。


このラインを手で挟むという感覚、私の教室でのオリジナルの練習方法ですが、これで側転のリズムをつかむ子供が多かったです!





ステップ③

足をラインの向こう側につける

目的:側転のリズムをつかむ!



側転の練習方法ステップ③足をラインの向こうにつける 見本をする大久保先生


足をラインの向こう側につけます。


※慣れてきたら、

後ろ足(最初に上げた足)を手前に

前足(地面をけった足)を向こう側に

つける。



足をできるだけ広げ、

勢いよく上げ、

強く地面をける、


ことができれば、必ずできます。






ステップ④

ひざを伸ばして、

勢いをつける

目的:キレイに側転ができるようになる!



側転の練習方法ステップ④キレイに行う 見本をする大久保先生


・強く地面をける!


・勢いよく足を上げる!


・足で「大きな山」を描くように開く・伸ばす!


・股関節を曲げ、手の近くに足をつける!



がポイントです。


特に、足の着地がニガテな子が多い印象です(私の教室でも、足が遠くにドタン!とついてしまう子が多いです)。


着地のポイントは、足の付け根を曲げて、手の近くにつけるのが大切です。





まとめ

ラインを使う練習方法


①手~足足


②手・手・足・足


③ラインの向こうに足をつける


④勢いと着地を意識して、キレイに!




側転ができると、とても自信になります!


私のクラスでも、キレイにできるようになった子は「見て見て!」と嬉しそうに何回も披露しています!



ぜひ、このラインをつかった練習方法を試して、側転に挑戦してみてください!



体操教室 大久保先生の「スポーツレベルアップ アカデミー」は、日々、「楽しく」「効果的な」練習方法を研究しています。



試行錯誤しながら、効果のあった練習方法を取り入れて、内容をアップグレードしています!



石川県の金沢市、小松市、野々市市、白山市、加賀市、福井市で子供や幼児・キッズのスポーツの習い事、体操教室をお探しの方にお勧めです!


パーソナルトレーニングも行っています。


ご興味のある方は、一度お問合せください!






本記事の内容を大まかに動画で解説しました。

Instagramはコチラ





0件のコメント
bottom of page